ボラの生命力

3月某日ボラ入荷。

浦戸湾口近くで釣ったものでまだ生きている個体が12匹。

作業場にボラが届いたのが夕方18:00過ぎでした。

この日は事情があってすぐに処理が出来ず、井戸水をためた容器に入れて置いておくこと数時間。

 

21:00ようやく作業開始です。

ボラを洗浄するためにボラを入れた容器に水をどんどん注ぎます。

釣り上げてからだと3時間近くは経っています。

食べるわけではないのですが、鮮度が落ちるとその後の作業が大変になるので、これほど放置することは滅多にありません。

 

ボラを処理する間水をドンドン流し掛けていたら、1匹のボラが普通に泳ぎはじめました。

 

ボラの生命力恐るべし。

 

長年ボラを扱っていますが、こんなことは初めてです。