【喰わせ釣り】

喰わせ釣り

活き餌の泳がせ釣りとほぼ同じ釣法ですが、餌を釣る仕掛けと本命を釣る仕掛けが1つになっています。

 

まず最初にエサになる魚(ウルメ、イワシ、アジ等)を釣り、釣れたエサ(魚)を海中から上げずにそのまま本命のターゲットを狙います。ターゲットとしてはカンパチやブリの他ハタ、ヒラメ、スズキなどフィッシュイーターと呼ばれる魚種が対象です。

 

活きたエサ(魚)を買って準備していく。

まずエサ魚を釣って活かしておいてターゲットとする魚を狙う。

エサを確保する方法はいろいろありますが、エサはその時に大きな魚が捕食している魚種を使用するのがベストです。 釣ってすぐの魚がそのままエサになるわけですから、活きの良さは一番です。

「喰わせ釣り(仕掛け)」ではエサとなる魚を手で触らないのでエサの魚が弱りにくい、エサを付け替える手間がない等のメリットがあります。

 

まずサビキ釣りの要領で小魚を釣ります。竿先の動きや手元の感触でエサとなる魚の掛かりを確認したら仕掛けをゆっくりと対象魚の釣れる棚へと移動させてゆきます。

エサ魚のいる棚に対象魚が寄ってきている場合は棚はそのままで釣れます。
大きい魚が寄って来るとエサの魚が必死で逃げようとして暴れているのがわかります。

あとはターゲットの魚にエサを喰わせるだけです。

あわてずにタイミングを見計らって合わせて下さい。

サイズバリエーションはオンラインショップでご確認ください。
この製品は受注後に作製いたします。

 

 

替え針

メインの仕掛けはそのままにして餌を釣るためのボラ皮付きのアジ針だけを交換できます。

チモトの輪っかをヒラマサ針に通しアジ針を指でつまんで引き締めてください。強く締める必要はありませんが、指がすべると大変なことになりますので注意して引き締めてください。
事務用の指サックを親指と人指し指につけて作業すると楽に出来ます。

 

ヒラマサ針の先端にハリスが触ると傷が付くので注意しましょう。