サバゴシーズン到来

3月7日の高知新聞朝刊の釣り情報に「手結港岸壁ではサバゴが30~50匹」という情報が掲載された日の午後、手結で釣ってきたというサバゴが早速届きました。

 

例年より少し早い感じですが、サビキ釣りでサバゴやアジゴが釣れる季節になりました。

春先の魚がまだ小さいときは釣針は袖針または鯵針の3~4号、ハリスは0.6号程度、初夏が近くなれば次第に魚も育ってくるので、サビキ仕掛けもそれにあわせます。

 

 

初めて釣りにトライする方には、この時期のサビキ釣りが最適です。
タックルの扱いや取り込みに慣れていない方や小さい子どもさんには、ワンサイズ大きめのサビキ仕掛けを用意しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

<小魚専用ボラ皮サビキ仕掛けをカネマンのオンラインショップでチェック>